スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスの旅・11 恐怖のドライブヽ(;´Д`)ノ 

わたしもフランスで運転してみあーーいヽ(`Д´)ノと思いつつ、
あちらの車はほぼマニュアル車しかないことを聞いて撃沈。←AT限定のヒト

広がる田園風景、ビルも山も見えない、見渡す限りの地平線・・・。
なんだか北海道に似てるね~とか、果てしない荒野ならアメリカにもあるよーなんて
のんびり、とりとめのない話をしながらも、スピードは常に130km越え(・ω・;)

フランスでは右折左折ではなく、くるりと回って目的地へ進むのですが
それは幹線道路でも同じ。プリントアウトしてきたミシュランのルートマップと、
有隣堂で買った、これまたミシュランのフランス全土地図を凝視しながら
ひたすらアミアン方向へ進んだものの、なぜか・・というか案の定、道間違えたw

これはおかしい・・と、途中で見つけたマックで休憩ヽ(´ー`)ノ
フランスのドナルド・マクドナルドさんは、ありえないくらいスタイリッシュですw

おフランスのドナルド



気を取り直して、アミアン方面へ方向修正!
だいぶ北へきてしまったせいか、とても寒かった(´・ω・`)・・・

なんだかんだで、やっと「Rouen」入り!!\(^-^)/

・・・しかし。
ここからが大変でした;;;

大きな幹線道路は一本道だし、車も少なく走りやすかったのですが、
やっぱり街に入ると、パリと同じく一方通行がとても多い!!
川沿いの道にでたのですが、そこからがよくわからなくて、
わたしったら何を勘違いしたのか、川を渡らなくちゃいけないと思い込み、
旗がひらめく大きな橋に出たところで、さっそうとアニキに指示(`・ω・´)b

「これを左にっ!・・たぶん。

橋の看板には「←Rive Gauche」。

えっ。りぶごーしゅ??

違う・・なにかが違う(・ω・;)
大聖堂方面は、りぶどろわ(Rive Droite)だったはず。
どきどきしながら様子を見ていると、アニキがひとこと・・

「うは。このへん治安悪いぞー。」

やばい。どう考えても間違えた。
あせる私たち。とにかく、さっきのところへ戻ってもらおうとお願いして
大きく右折すると・・・

目の前に対向車!

ぬお、あぶないっ。

慌てて隣の車線へ移ると、さらに対向車!!

ぎゃー死ぬーーっ;;と思って、もひとつ隣の車線へ移ると

やっぱりそこには対向車!!!ヽ(;´Д`)ノ

・・・みなさん。
フランスの車線は、決して中央で分かれているわけではありません orz
4車線もある大きな道路で、右折車道路は、なんと右端1車線のみでございました。

アタマの中が真っ白になって地図なんて読める状態じゃありませぬ。
なんとか、また橋を渡って右岸へ戻り、やっとやっと・・の思いで大聖堂らしきものを発見。
(実は、サン・マクルー教会だったことはナイショ。)

ホテルには駐車場があるはずだったんだけど、もうすっかり暗くなっちゃったし、
2人とも疲れきっていたので、ルーアン美術館の地下に広がる駐車場へ停めました。
あぁ、、生きててよかった!!(⊃д⊂)

ちなみに、ミシュランのルートマップでは、ランス-ルーアンの所要時間は2.5時間。
実際にかかった時間は5時間でした。
途中、迷ったとはいえ・・平均で150kmですっとばしたのに、5時間もかかったよ orz
倍かかるんだね・・勉強になりました(´・ω・`)


ついでなので、レンタカーについての諸注意メモでも('∇')b

フランス人にとって信号とは、あって無いようなもの。
車を借りるときに気をつけるよう言われたことは、フランスの歩行者ではなく、
きままに渡るフランス人の真似をした観光客を轢かないように・・と(・ω・)

あと、パリを始めとする大きな街は一方通行が多いので、迷うことを前提に。
地方の幹線道路なら混んでることはまずないし、比較的安心ですね・・なんて
言われたけど、ハーツのおねいさん、ランスとルーアンを知らなかったみたいw
ルーアンは返却営業所がいくつかあったのですが、指定がなかったのでおかしいなーと
電話してみたら、まったく別の場所を指定してたそうです。
シャレにならん。

ちなみに、予約は日本で個人手配していきました。
現地払いでOKだし、webから申し込みができるのでラク♪
先に書いたように、AT車は、ほぼありません。
乗り捨て可能で、レンタル時間は半日でも24時間でも変わりませんでした。

フランスでは借り出しの時、クレジットカードの提示を求められます。
身分証明書と支払能力証明のためだそうです。

24時間はいいとしても、停めるところどうしよう・・と思っていたら、
「フランスでは5時以降、駐禁切られたことは過去に1度もないよ♪」と神の声がw
なので、路駐しようと甘い考えでいたところ、着いたときには、
隙間無く、びっしり街を縁取る路駐が・・・ヽ(´ー`)ノ

・・・・早い者勝ちなのですね(´・ω・`)


スポンサーサイト

コメント

こんにちわ

怖い思いをしましたね。でも無事でなによりでしたね。フランス人の運転は粗いので注意が必要です。割り込みなど当たり前。また大体の街中はHotel de vill(市庁舎)かbasiliq(教会)の看板を目指していけば中心地にいけます。

e-420 サンカンタンの達人さま

はじめまして!
コメントありがとうございます(^-^)
本当に、無事だったからこうやって書けるものの、
冗談では済まされないですよね^^;
怖かったけれど、またひとつ勉強になりました!

そしてHotel de villが市庁舎だったことを初めて知りました!!!
ルーアンでもHotel de villのまわりはとても静かで、
「ここに泊まりたい!」と・・すっかりホテルだと思ってましたぁああ。
はずかしいっ(笑)

写真が本当にきれいに撮れていますね。私が住んでいた時に感じたフランスよりその素晴らしさが伝わってきます。失礼ながら勝手にブログをリンクさせていただきました。
  • [2006/05/16 07:08]
  • URL |
  • サンカンタンの達人
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

e-420サンカンタンの達人さま

お褒めいただき、ありがとうございます♪
フランスはどこを撮っても美しいので、
また違った楽しみがありますね!

リンクの件、とてもうれしいです(^-^)
私のほうからもリンクさせてくださいね☆
これからもよろしくお願い致します!

e-420MASAさん

こんばんは、ただいまです~♪
MASAさんのフランス旅行記、知り合った頃に夢中で読みましたヨ('∇')b
初海外に一人旅ってすごいなぁって・・。

やっぱりホテルだと思ってましたよね??
あれはどう考えても間違えてしまいます^^;;

COMMENT















ヒミツコメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuyu6.blog12.fc2.com/tb.php/202-0e68d458

FC2Ad

  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。