スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断乳しました(・ω・) その1 

*伊勢志摩旅行中なので、予約投稿しておきます(・∀・)



4月14日 1日目

親不知の抜歯をするために、断乳することにしました。
っていっても、前から計画してたわけじゃなくて、急に決めたことだったので
正直かなり不安だったけど、、、。
抜歯後の薬は飲んでも大丈夫だけど、麻酔の影響が心配なので半日は
あげないでくださいね、と歯医者さんに言われたのが1週間前のこと。
半日ってびみょーでしょ?ちょっと我慢してもらえれば、夜中はあげられるわけだし。

でも・・・半日でも1日でも我慢は我慢だよね。
どうせ我慢して泣かせるくらいなら、辛い思いは1度で十分なんじゃないかっと
アニキの助言もあり、全面的な協力をしてもらう上で断乳することにしたのです。
断乳するときはね、あげたりあげなかったり・・のあやふやな態度が
子にとっては一番残酷なんだって。
本当は1ヶ月前くらいから言い聞かせをして
お互いに心の準備をするべきなんだけど、事情が事情なので仕方なく
心を鬼にしましたよ(・ω・)

夕方、帰宅すると満面の笑みで迎えてくれる息子。
しばらく甘えたあとには、やっぱりパイの態勢に(´・ω・`)
ごめんね~と言いながら、おもちゃで気をそらしたり、お茶あげたり。
どうも腑に落ちない顔してる息子ですが、赤子は移り気なので
楽しそうなほうへとどんどん気が向いていくことが救いです。
時々、チラッと私のほうをみるんだけど、そのたびにアニキが
「ママのパイ、病気になっちゃったんだよ(´・ω・`)」と言い聞かせ。
そのうちお夕飯タイムになり、いつものようにおなかいっぱい食べたあとは
わりと普通にご機嫌で遊んでいたのです。


が。



問題は夜の寝かしつけ。
産まれてこのかた、ずーーーっと添い乳で寝かしつけてたので、一番の難関だよね。
最初は添い寝で寝てくれないかと横になったものの、いつもならもらえるパイがもらえず、
グズグズおねだりしているうちに、やっぱりギャン泣きしてしまいました orz
ひたすら胸元をまさぐる息子・・・かろうじてパイと呼べそうな柔らかい部分を発見して
ものすごい吸引力で吸いついていました。おかげで、キスマークがついちゃったよw
いつもこんな力でパイ飲んでたんだなぁ~と変なところで関心してしまった。


で、アニキ登場(・ω・)
息子は昼間は抱っこでお出かけが多くて、アニキが寝かしつけるときは
いつもビョルンで抱っこだったので、今夜もその方法で眠ってもらうことに。
抱っこされても反り返って大泣きする姿に、もう心が折れそうでした^^;;
暗闇の中で徘徊する父、隣の部屋でひざを抱えて耐える母。
あとちょっと、もうちょっとがんばって、だめだったらパイあげよう。そうしよう。
子が泣くとパイが張るんだよねぇ。すでにガッチガチでパイじゃないみたいなのに
私も泣いちゃってるもんだから、さらに張って痛すぎる orz
どうしよう~ごめんねごめんね(;´д⊂)と思っているうちに、だんだん泣き声がやんで
ようやく眠りについたみたいでした。
泣きながら寝たので、しゃくりあげたままの息子。寝ながらひっくひっく言ってました。

その間、約1時間。
子によっては一晩中泣き続けることもあるそうなので、マシなほうだったんだろうか。


心配だった夜中の愚図り。
今までは0時くらいと3時くらいに起きてパイ飲んでましたが、(多い時はもっと起きる・・)
この日もやっぱり0時くらいに目覚めてパイ要求。
もちろん、あげられないのでお茶をあげたけど拒否。だんだん大泣きになってきたので
私が抱っこしてそのへんを徘徊したら、10分くらいで再び夢の中へ・・・
そのまま下ろすと起きちゃうことは学習済みなので、しばらくビーズクッションにもたれて
眠りが深くなってから、一緒にふとんへもぐりました。うん、大成功♪
意外なほどあっさり寝てくれたので一安心^^;
そして、朝まで起きることはありませんでした。
私は自分が夜中に立ちあがって抱っこすることができるのか心配だったんだけど
(なんせ、めちゃめちゃ寝起きが悪い・・・機嫌も悪いし最悪なの。)
心配なんてすることなかったよ。だって、パイがありえなくくらいガッチガチで
痛くて眠れないんだもん(*ノノ)
せっかく息子は寝てるのに、自分だけ夜中起きまくりですごく辛かった~~。


2日目に続く。

スポンサーサイト

コメント

COMMENT















ヒミツコメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuyu6.blog12.fc2.com/tb.php/688-a7381c97

FC2Ad

  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。